毎日のお風呂タイムで乾燥肌を改善する

トップページ > 毎日のお風呂タイムで乾燥肌を改善する

毎日のお風呂タイムで乾燥肌を改善する

毎日何気なく入っているお風呂ですが、入浴方法を一工夫するだけで、乾燥肌を解消することができます。今回は、乾燥肌を解消する入浴方法についてご紹介します。

 

基本はぬるま湯で
寒い時期は熱いお風呂やシャワーで入浴しがちですが、温度の高いお湯は肌の表面にある保湿成分を洗い流してしまいます。乾燥肌を作らないためには、38℃くらいのぬるま湯を使いましょう。シャワーや洗顔に使う際のお湯も同様です。少しぬるいかな?と感じるくらいの設定温度にしましょう。

 

肌は擦らず撫でるように洗う
身体を洗っている時にやってしまいがちなのが、タオルを使ったゴシゴシ洗いです。タオルで肌をゴシゴシ洗うと、水分を保持している角質層を傷付けてしまい、保湿機能が低下してしまいます。

 

身体を洗う際は肌を擦らず、優しく撫でるように洗いましょう。ボディソープをたっぷりと泡立てて、手の届く範囲は手のひらで、背中などは柔らかいタオルに泡を乗せて洗いましょう。

 

ボディソープを長時間肌に乗せるのも避けましょう。泡を長時間肌に乗せていると、肌に負荷がかかってしまい、乾燥肌の原因となってしまいます。

 

長湯はしない
長時間肌を水に晒すと、水に皮脂が溶けてしまい、肌の水分量が減ってしまいます。入浴は長くても20分ほどにとどめておきましょう。

 

また、お湯に浸かる前は先に身体を洗っておくようにしましょう。お湯に浸かると角質層が水分でふやけてしまい、その状態の肌を洗うと減っていた水分量を更に減らしてしまいます。